小松陽介 ComeTogether

ジョン・レノン(John Lennon)シンガー・プレイヤー小松陽介の公式サイト。ビートルズ&The Beatles解散後のナンバーから、
洋楽・邦楽を幅広くプレイ。東京・横浜近郊のライブハウスを中心に全国で活動中。

プロフィール

小松陽介(こまつようすけ)

ミュージシャン(Vo/Gt/Ba/Cho)。高校生から地元浜松のパブマッカートニーで弾き語りを始め、 1988年ビートルズコピーバンド/ビートルズトリビュートバンド「Because」を結成、『名古屋YA! YA! YA!』などに出演。1993年『六本木CAVERN CLUBキャヴァーン・クラブ』の「Routine」に加入。同じくCAVERN CLUBでは「Rough &Ready」サポートとして「Wishingウィッシング」に参加、伊豆田洋之と「Make Let」結成など、関東を拠点に全国で演奏活動を続ける。2003年、永沼忠明と「COMMA-DADAコマダダ」結成。土屋 剛とのデュオ「こまっち~ず」ではカバーCDリリース。その後も数々のビートルズバンドの中心となり、業界で30年余実績をもつ日本を代表するジョン・レノンプレーヤーである。パフォーマンスは業界内外でも高い評価を得ており、現在は洋楽・邦楽問わずカヴァー曲を歌っている。

参加バンド/ユニット

COMMA-DADA(コマダダ)

2009年キャバンクラブ脱退後の永沼忠明が、日本を代表するジョンレノンとして長年活躍を続けてきた小松陽介とタッグを組む。枠にとらわれない本格思考の元に活動するビートルズコピーバンド/ビートルズトリビュートバンド。観客を圧倒させるステージングには定評あり。久保肇、松崎晃之とビートルズ業界トップのプロフェッショナルが脇を固め、テクニカルなキーボーダー黒岩典英を加え音楽的レベルを向上、あらゆる楽曲に対応するサウンドを確立させた。
コマダダfacebook公式ページ

こまっち~ず

キーボードの魔術師こと土屋剛つちやつよし(通称ツッチー)とJohn Lennon(ジョン・レノン)プレイヤー小松陽介のデュオ。4歳からクラシックピアノ、10歳からバンド活動を始めた土屋剛は、1995年にビートルズ・カバーバンドに加入。「ビートルズ コンベンション」(英国リバプール)に2年連続出場。クラシックからロックまで表現できるテクニックとフィーリング、コーラスも抜群。THE UNITのキーボーディスト。

こまざわっち~ず

こまっち~ずに、東京六本木キャバーンクラブの“ジョージ・ハリスン”小沢勝己が加わったトリオ編成ビートルズ。ビートルズのみならず解散後のソロ時代まで幅広いレパートリーを誇る。

ジョン・レノンの壁